五行六令運命学、四柱推命、姓名判断、玄空飛星派風水学、コミュニケーション心理学のご相談は当研究所へ!

玄空飛星派風水学


「風水」
という言葉、

皆さんお聞きになった事あると思うのですが、その意味はご存じでしたでしょうか?

 

 

 

「気」は「風」に乗ずれば則ち散じ、「水」に隔てられれば則ち止まる

 

つまり、「風」の強い場所には「気」は溜まりませんよ。

 

「水」(=水、情報、交通)があれば、「気」が貯まりますよ。

と言っているんです。

 

先人たちの「環境学」の知恵なんですよね!

 

 

例えば、

風が強い場所に家を建てる時は、防風林を作ったりしますよね。

これこそ、まさに風水の知恵なんです。

はたまた、

交通の流れ(=水)が多い場所、そこにお店を開けば、お店が繁盛しますよね。

当たり前なのですが、これも、風水の知恵なんです。

 

 


風水では、そんな当たり前の事を、理論として、我々に教えてくれます。

 

でも、残念な事に、金色の財布を持つと、金運が上がるとか、「エセ風水」がはびこっているのも事実です。

 

これは、西の方角は「金」の五行を司る場所であり、「金」は「土」から生み出される。故に、「金」を強めるために「土」の五行である「黄色」を西に置くという考え方から出てきた考えだと思うのですが、「金色」ではダメなんですよね…(^_^;)

 

というか、そもそも、

 

その家のどの方角に、強い運気が宿っているのか、

 

それは20年毎に変化するんです!!

 

(^^;)

 

 

そして、それはその家の方向と、その家が使われ始めた年代によって、各々異なる…

 

だから単純に「西」に黄色い物を置いても、ダメなんです(^_^;)

 

 

 

 

上の写真の様に、しっかりと図面と向きあい、

その家で、現在、運気が強い方角を、しっかりと割り出す。

だから、鑑定には時間もかかりますし、手間暇もかかる。



でも、ちまたのいい加減な風水とは、精度が全く違いますよ〜!

(*^_^*)




もし、努力しても思う様に結果が出ない…

 

そんな悩みがある時は、風水鑑定をしてみるのも良いのかと思います。

 

 

 

↑私の風水の師、レイモンド・ロー先生と

PAGETOP
Copyright © 五行六令占術研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.