五行六令運命学、四柱推命、姓名判断、玄空飛星派風水学、コミュニケーション心理学のご相談は当研究所へ!

五行六令姓名判断

改名は、最もパワフルな環境改善手法です。

多くの方は「名前で運命が変わるはずない!」とおっしゃいますが、

では、そんな方に伺いたいのです。。。

 

例えば、『黒木メイサ』が『山田花子』という芸名だったら、今と同じ様な活躍はあっただろうか?

『松田聖子』が、本名の『蒲池則子』でデビューしていたら、活躍しただろうか?

芸能人は、自分が活躍するためのキャラクターを、『姓名』から作り上げているんです。

 

そして、お名前は『姓名』ですが、

『姓名』は、『せいめい』と読み、『生命』と同じ音

つまり、日本語が、『名前は自分の人生を表しているのだよ』と教えてくれているんです。

 

故に、キチンとした理論に基づき、ご自身の『姓名』を考えることは、

非常に効果的な開運方法なのです。

 

そして、もう一点、大事なこと。。。

姓名判断に関しては、世の中のほとんどの占い師が、「画数」だけしか見ません!!

(※知識がなく、「画数」しか見ることができないのです。)

これは、大変な誤りです。

どうしてかというと、姓名の画数には、五行(木火土金水)が配当されます。 皆様、それぞれが、生年月日時間の4つの柱に五行を持っており、 生年月日から、過不足する五行が算出されます。 この方法による占術を「四柱推命」と申します。

この、四柱推命を使って、まずは生年月日から過不足する五行を計算した後に、お名前の画数で、不足する五行を補う必要があります。

 一般的な姓名判断では、ただ単に大吉画数を持ってくれば良いという、あまりに単純すぎる判断方法を使っているために、その人に合う五行になっているのかが、分からないのです。
 

また、お名前の「音」にも五行の配当があり、それらを総合的に加味した上で、お名前を判断させて頂いております。

 

さらに、職業にも五行があり、その職業がご自身の味方になってくれるのか、それとも悪影響を及ぼしたりしないかなど、判断する必要があると考えております。

職業選択をする際に、生年月日時間の四柱から、適職かどうかをあらかじめ判断するのは、四柱推命の得意分野であります。

例えば、土の五行が余っている身旺の方は、不動産鑑定士や、芸能ビジネスなどは、最も適さない職業となります。 こういった方には、機械関係や、貿易、流通などをお薦めするなどが、簡単な例です。

 

命名に関しては、詳細な鑑定・命名書をお渡ししております。

 

<五行六令姓名判断・鑑定書の例>

五行六令姓名判断鑑定書003

 

 

<五行六令姓名判断・命名書の例>

五行六令姓名判断命名書001 五行六令姓名判断命名書002 五行六令姓名判断命名書003
五行六令姓名判断命名書004 五行六令姓名判断命名書005  
PAGETOP
Copyright © 五行六令占術研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.